レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • 環境・社会・インフラ

“植物工場×高付加価値作物”の現状と今後のビジネス展開の可能性

“植物工場×高付加価値作物”の現状と今後のビジネス展開の可能性
発刊日2021/12/27 172110906

今後市場拡大が期待されている植物工場ビジネスにおいて、特に高付加価値植物栽培の取り組みに焦点を当て、低カリウムレタスや高GABAトマトなどの「機能性野菜」や薬用植物や植物体内での有用物質産生用作物などの「医薬品・化粧品原料作物」、そしてイチゴなどこれまで植物工場で栽培していなかった作物や大玉レタスなど植物工場ならではの特徴を生かした作物などの「新品目・新形状作物」といった高付加価値植物の市場概況や市場ポテンシャル、先進プレーヤー事例、栽培技術の動向等を整理することで、今後の植物工場における高付加価値作物ビジネスの未来像を展望します。

目次

I.総括編	1
  1.植物工場における高付加価値作物ビジネスが求められる背景	2
  2.カテゴリ別の高付加価値化作物市場・栽培技術の概況   	3
     (1)定義、
        (2)主な栽培作物/今後の注目作物、	
        (3)主な栽培の取り組み事例/プレーヤー動向、
        (4)国内市場動向、
     (5)販売ルート/ターゲットユーザー、
        (6)栽培技術の特徴、
     (7)栽培規模の特徴、
        (8)価格動向(現状の販売価格)、
     (9)現状課題と市場拡大に向けたポイント	
    1)機能性野菜	3
    2)医薬品・化粧品原料作物	5
    3)新品目・新形状作物	7
  3.植物工場産の高付加価値作物の市場ポテンシャル   	9
    (市場規模:2021年実績、2025年予測、2030年予測)
    1)機能性野菜市場	9
    2)医薬品・化粧品原料作物市場	10
    3)新品目・新形状作物市場	11
    4)参考作物市場	12
  4.植物工場における高付加価値作物ビジネスの比較と評価	13
  5.植物工場における高付加価値作物の主要取り組み事例一覧	14

II.高付加価値ビジネス展開企業事例編	24
 <A個票>	
  1.四国計測工業	25
  2.日本山村硝子	29
  3.キーストーンテクノロジー	34
  4.鹿島建設	39
  5.大成建設	43
 <B個票>	
  6.エスペックミック	48
  7.Jファーム	51
  8.サナテックシード	53
  9.ホクサン	55
  10.朝日工業社	57
  11.大気社	60
  12.菱電商事	63
  13.東洋紡エンジニアリング	65
	
    <A個票:調査項目>
     1.企業プロフィール
     2.高付加価値作物への取り組み経緯
     3.栽培作物の概要と特徴
     4.栽培技術の概要と特徴
     5.現状の事業展開
     6.主なアライアンス動向
     7.現状課題と今後の方向性
	
    <B個票:調査項目>
     1.企業プロフィール
     2.高付加価値作物への取り組み概要と特徴
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
NG
ネットワークパッケージ版 450,000円 495,000円
OK

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。
  • 電子書籍は単体での購入はできません。書籍版、PDF版、PDF/データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。