• その他

2019年版 コーポレート・ラボの将来展望

2019年版 コーポレート・ラボの将来展望
発刊日2019/03/28 A11901801

主要大手企業のコーポレート・ラボ(全社研究所)の実態と将来戦略を調査し、複合化技術時代におけるコーポレート・ラボ機能の方向性を明らかにしました。自動車・電機・機械、化学・非鉄金属・鉄鋼、バイオ・医薬・食品の計45社を対象とし、主要基盤技術、特許動向、主要新技術・新製品投入動向及び計画、主要連携・提携・協業動向、コーポレート・ラボ推進方法とオープンイノベーション展開動向等を整理分析しています。

目次

A.総合分析編
 1.業種別研究開発費用及びコーポレート・ラボのポジショニング
 2.業種別主要大手の主要基盤技術(コア技術)
 3業種別主要大手の特許動向(キーワードで見た特許の傾向)
 4.業種別主要大手の主要新技術・新製品投入動向及び計画(2018年)
 5.業種別主要大手の主要連携・提携・協業動向(2018年)
 6.業種別主要大手のコーポレート・ラボ推進方法とオープンイノベーション展開動向
 【参考1】業種別主要大手の売上高・営業利益
 【参考2】業種別主要大手の将来像
B.事例研究編
 B-1.自動車・電機・機械編
  1.トヨタ自動車
  2.本田技研工業
  3.日産自動車
  4.デンソー
  5.アイシン精機
  6.パナソニック
  7.三菱電機
  8.日立製作所
  9.ソニー
  10.村田製作所
  11.京セラ
  12.小松製作所
  13.安川電機
  14.三菱重工業
  15.IHI
 B-2.化学・非鉄金属・鉄鋼編
  1.三菱ケミカルホールディングス
  2.住友化学
  3.三井化学
  4.信越化学工業
  5.旭化成
  6.東レ
  7.住友電気工業
  8.三菱マテリアル
  9.古河電気工業
  10.住友金属鉱山
  11.フジクラ
  12.新日鐵住金(2019年4月より日本製鉄)
  13.JFEホールディングス
  14.神戸製鋼所
  15.日立金属
 B-3.バイオ・医薬・食品編
  1.第一三共
  2.武田薬品工業
  3.日本たばこ産業
  4.中外製薬
  5.アステラス製薬
  6.エーザイ
  7.大塚ホールディングス
  8.資生堂
  9.塩野義製薬
  10.サントリーホールディングス
  11.タカラバイオ
  12.キリンホールディングス
  13.アサヒグループホールディングス
  14.明治ホールディングス
  15.味の素
すべて表示

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 120,000円 132,000円 -
書籍版 PDF版 PDFセット 140,000円 154,000円
NG
ネットワークパッケージ版 ネットワーク
パッケージ版
240,000円 264,000円
OK
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。